【ミニマリスト流】本当に欲しいもの・必要なものを見極める方法

本当に欲しいもの 見極めMINIMAL LIFE
PVアクセスランキング にほんブログ村

「衝動買いが多くて、本当に欲しいモノかどうか判断出来ない」、「自分に必要なモノがよく分からない」という方に向けて、見極める方法をまとめました。

頭の片隅に入れておけば、無駄な買い物を防げて、部屋がスッキリ片付くかも知れません。




一般的な欲しいモノの見極め方

一般的に、欲しいモノを見極める方法として挙げられているのは、下記のような内容が多いです。

一般的な欲しいモノの見極め方
  • 欲しい理由が明確にあるか?
  • 数年経っても使用するか?
  • 価格が2倍でも買うか?
  • ノーブランドでも買うか?
  • 自分が大金持ちになっても欲しいか?

どれも考えさせられる見極め方ですが、自分にはフィットしなかった点もいくつかあります。

例えば、ブランドの価格は、長年築き上げてきた信頼と実績を含めたものだと考えているので、ノーブランドに同じ金額は支払えません

有名画家ピカソの逸話

偶然出会ったファンから、紙切れに絵を描いて欲しいと依頼され、30秒で描き上げたピカソ。彼は絵の代金として100万ドルを請求する。「たった30秒で描いたのに」と驚くファンに、ピカソは「30年と30秒です」と答えた。(※出典不明。40年や1万ドルverも有)

大金持ちになった後、自分のライフスタイルや価値観がどう変化するかも分からないし・・。

それを想像した上で見極めなさい、という意味だと理解していますが、実際はなかなか難しいです。

また、数年経っても使用するか?については、年数よりも使用した回数が大事(短期間でもたくさん使えばOK)だと考えています。

※これらはあくまで私の感想であり、上記の見極め方がフィットする方もたくさんいらっしゃると思います。

ponpoco
ponpoco

自分にフィットする方法かどうか、が大事

本当に欲しいモノの見極め方

では私が思う、本当に欲しいモノを見極める方法とは何か。

本当に欲しいモノの見極め方

現在自分が持っている、一番好きなモノと交換出来るか

とてもシンプルですが、この考え方が個人的に最もしっくりきます。

ただ、全ての持ち物の中からだと流石に厳しいと思うので、“同じカテゴリーの中で”と付け加えた方が取り入れやすいかも知れません。

例えば、私は手持ちのバッグの中で、現在こちらが一番気に入っていますが、

エルメス ミニエヴリン

もしバッグを一つしか持てない代わりに、エルメスのケリーが手に入るとしたら、潔く手放せると思います。

逆に手放せないようであれば、自分の「欲しい!」という気持ちは、所詮その程度だということ。そう思えば、諦めもつきますよね。

もちろん、究極のミニマルワードローブを目指している方以外は、同じくらい好きなモノを数点持っていても良いと思います。

私もそこまで厳密にするつもりはありませんが、モノ選びの考え方の一つとして覚えておくと、いつか役立つかも知れません。

ponpoco
ponpoco

ただ買い物したいだけの「欲しい」はNG

関連記事

▼ 理想のワードローブをイメージすると

【服を10着選ぶなら】ミニマリストが考える理想のワードローブ

本当に必要なモノの見極め方

次に、本当に必要なモノを見極める方法とは何か。ミニマリストの間でよく言われているのは、下記のとおり。

無くては生活が成り立たないモノかどうか

映画『365日のシンプルライフ』の中で、主人公が試していた方法です。

映画では、何も無い部屋&裸の状態からスタートし、1日1個ずつモノを手に入れ、最終的に「生活する為に必要なモノは100個くらいだ」という結論に至ります。

人によって数に多少の差はあると思いますが、確かにそれくらいあれば、充分生きていけるかも知れないと思いました。

30代 男性 ミニマリスト 持ち物

しかし、生きる為の必要最小限では何だか味気ない・・。

人生はモノで出来ている訳ではないけど、人生をより楽しむ為に必要なモノもある。私の場合、趣味に使うモノがそうですね。

もちろん、モノより家族や友人と過ごす時間が大切ですが、趣味を楽しむ時間も私には必要なのです。

本当に必要なモノの見極め方

無くては自分らしい生活が成り立たないモノかどうか

ミニマリストにしては緩いかも知れませんが、私にはこれくらいがちょうど良い。

自分が自分らしくある為、快適で豊かに暮らす為に、必要だと思うモノは手放しません。

ponpoco
ponpoco

自分にとって、必要不可欠ならそれでいい

関連記事

▼ 個人で所有しているモノが少ない夫

【30代男性】家族持ちミニマリストの全持ち物公開

共通する見極め方

最後に、本当に欲しいモノと必要なモノ、どちらにも共通する、私なりの見極め方をご紹介します。

共通する見極め方
  • 必ず使うか?
  • たくさん使うか?
  • 今の自分とライフスタイルに合っているか?

これらは、私のモノ選びに欠かせない条件です。すべてにチェックが付くモノだけ身の回りに置きたいと思っています。

モノは使ってこそ価値があるので、使うかどうか分からないモノは手にしません。

ponpoco
ponpoco

今の自分を基準にしてモノを選び、たくさん使う

まとめ

ゆるーいミニマリストの私が思う、本当に欲しいモノ・必要なモノの見極め方はこちら。

まとめ

本当に欲しいモノの見極め方

現在自分が持っている、同じカテゴリーの中で一番好きなモノと交換出来るか


本当に必要なモノの見極め方

無くては自分らしい生活が成り立たないモノかどうか


共通する見極め方

必ず使うか、今の自分とライフスタイルに合っているか

私自身、いつも完璧なモノ選びを出来ている訳ではありませんが、これらを頭の片隅に留めておくことで、失敗は確実に減っていると思います。

今回ご紹介した例は、あくまで私の場合であり、試行錯誤しながら自分にフィットする見極め方を探したり、考えていくことが大事です。

同じミニマリストでも、それぞれモノ選びの考え方に違いがあって面白いので、ぜひ色々なブログを読んでみて下さい♪

ponpoco
ponpoco

トライ&エラーを繰り返して、見極める力を磨いていこう!

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

タイトルとURLをコピーしました