家事をミニマルに【ミーレ】の食洗機を使った感想

ミーレ 食洗機家電・生活雑貨

快適な生活を送る為に、毎日の家事はなるべくハイスペックな家電に頼っています。

特に掃除と洗い物は、家族全員あまり好きでは無いので(ズボラですみません^^;)、家電のおかげで家事の分担を悩まずに済み、家庭円満にも役立っています

今回は、我が家の買って良かった家電No.1【ミーレ】の食洗機をご紹介します。

ミーレの好きなところ

美しいデザイン

シンプルで洗練されているので、キッチンに自然に溶け込みます。良い意味で、あまり主張しないデザインです。

ドア材は、インテリアに合わせて青みがかったグレーにしました。

操作パネルも美しい・・。ステンレスの硬質な輝きが好き

ミーレ 食洗機

(機種によると思いますが)ホワイトやブラウンなど、いくつか種類がありました。個人的にはスタイリッシュなステンレスがオススメです。

ponpoco
ponpoco

ステンレスは指紋が目立ちにくい

とにかく大容量

中を開いてみると・・。

どーーん!と大容量。これは海外製ならではですね!(45cm幅です)

我が家は、このキャパの大きさに惹かれて【ミーレ】に即決しました。

ここまで大容量のタイプは、他ではなかなか見つからない気がします。ミーレには更に大きな60cm幅もあります。

大容量である最大のメリットは、食器の並べ方をあまり気にしないで、どんどん放り込めるという点です。毎日使うからこそ、小さなストレスをなるべく減らしたいですよね。

我が家では、

  • 【上段】箸/スプーン/フォーク/レードルなど
  • 【中段】グラス/小皿/汁椀など
  • 【下段】フライパン/鍋/ボウルなど

という感じでバスケットを使い分けています。

【ミーレ】を様々な角度から撮影してみました。まずは上から。

ドアはパタンと大きく開くので、食器類を入れるのも取り出すのもラクラクです。

次は横から。バスケットを最大限に引き出してみました。

ミーレ 食洗器 容量

こうして画像で見ると「ウチにはちょっと大きいな~」と感じる方もいらっしゃると思いますが、実際に使ってみると、45cm幅家族4人分くらいでちょうど良いサイズです。

一度に使用する食器や調理器具があまり多くなければ、5人分以上でも大丈夫かも知れません。

大人数のご家庭や、その日の食器をまとめて洗いたい方は、60cm幅タイプが良いと思います。

ponpoco
ponpoco

大きめの鍋を洗うなら、絶対ミーレがオススメです

使い方が簡単

使い方はとても簡単で、基本的な流れは、

①食器をバスケットに入れる (予洗いの必要はありませんが、我が家では固形物やしつこそうな汚れはサッと落としています)

②洗剤を適量投入し、蓋を閉める (市販の食洗機用洗剤でも大丈夫です)

※リンスエイド(乾燥仕上げ剤)も投入可能ですが、我が家は使用していません(^^;)

③ドアを閉めて、電源ボタンを押す

④モードを選択 (我が家のミーレは下記の6モードあります)

  • ECOモード/とても経済的。使用水量と消費電力を抑えて洗浄
  • センサーウォッシュ/センサーが汚れのレベルを検知。最適な水量・電力量・時間に調節する
  • ノーマル55℃/様々な食器類の普通の汚れをしっかりと洗浄
  • インテンシブ75℃/頑固な汚れに。洗浄性能の一番強力なプログラム
  • ジェントル/熱に弱い食器や、ガラスの軽い汚れに適したプログラム
  • クイックウォッシュ/約1時間で通常の汚れの洗浄と乾燥を理想的に行う

⑤スタートボタンを押して完了

Miele 食洗機

ボタンが最小限で、操作が分かりやすくて良いですね。

モードによりますが、約1~3時間で洗浄&乾燥が終わります。稼働音はヴ―ンヴ―ンと低い音で気にならない程度です。

仕上がりは、食器類は手洗いよりも断然キレイ。手触りが違う・・!

凹凸の無い平皿などは、拭かなくても食器棚に戻せるのでラクです。凸凹のある食器は、水が少し溜まるので、軽く拭く必要があります。あとは内部フィルターのゴミを片付けて終了です。

ponpoco
ponpoco

3年以上使っていますが、ほぼメンテナンスフリー

ミーレを使った感想

【ミーレ】を購入するまで、料理を作った後の食器洗いが毎回地味に苦痛でした(>_<)特に冬は水仕事をすると、すぐに手が荒れてしまい・・。

今はもう食洗機の無い生活なんて考えられません。本当に家事がラクになり、手荒れもあまりしなくなりました。高価ではありますが、その分の価値は確実にあると思います。

メリットだらけで、あまりデメリットが思いつかないのですが、あえて言うなら、

気になった点
  • 食洗機を設置した周りの棚が熱くなる
  • 洗浄に時間が掛かる (就寝前にセットすれば全く気になりません)
  • 電気代が掛かる

・・くらいでしょうか。あと噂では卵汚れは苦手だとか。

もし今後使い続けていく中で何かあれば、その際また記事にしたいと思います。

ponpoco
ponpoco

故障時のアフターサービスが気になるところ

最後に、Miele Japanの松原社長(2018年当時)のコメントが素敵だったので、ここに引用します。

家電に安心して家事を任せ、それによって生まれたゆとりの時間を「暮らしの豊かさ」に使ってほしい。Mieleの家電を使ってハッピーになってほしいんです。

家電分野で『Mieleなら安心して任せられる』と言われるようなブランドになりたいと思っています。

2018.07.31 リノベーションスープHPより Miele Japan 松原社長のコメント

これからも優秀な家電のチカラを借りて、家事をどんどんミニマル化し、時間の余裕=心の余裕をたくさん持ちたいと思います。

その他の家電はこちら

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

タイトルとURLをコピーしました