ミニマリストは個性がない?批判されやすい6つの理由を考察

ミニマリスト 個性がないMINIMAL LIFE
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニマリストは没個性でつまらない、冷たい、病気っぽい。

こうした否定的な意見の多くは、カタチだけのミニマリズムが広がったことから生まれた誤解なのではないかと思い、理由を考察しました。




ミニマリストは没個性

何の目的も無く”モノを手放したり、“何も考えずに”他のミニマリストと同じモノを揃えただけでは、確かに没個性的かも知れません。

いわゆるファッションとしてのミニマリズムです。

しかし、本来ミニマリズムとは自分らしく生きる為の手段の一つであり、余計なノイズを省いて、好きなコトにフォーカスした結果、個性がより際立つのではないかと考えています。

もし当人にとって、目的の障害となるノイズ=服を選ぶ手間であれば、まるで制服のような没個性的な服装にも、意味があると思うのです。

ponpoco
ponpoco

没個性に見えて、実は個性が強いのかも?

ミニマリストは宗教っぽい

これは、他人に自分の価値観を押し付けてしまった結果なのかな、と。

ミニマリズムについてよく知らないのに、「捨てたら幸せになれるよ!ミニマリストになりなよ!」と迫られたら、誰だって怖いですよね。

こんな行為はNG
  • モノを手放すことを強制する
  • 私物を勝手に捨てる
  • 無駄なモノやコトだと決めつける

当たり前ですが、ミニマリズムは万人にフィットする考え方ではありません。たまたま自分との相性が良かっただけ。

相手が望んでいないのに、必死になってミニマリズムの良さを説いても、逆効果になってしまう。

自分の価値観を認めて貰いたいなら、まずは相手の価値観を受け入れること。

これは家族に対しても同様で、パートナーや子供にミニマリズムを強要しないよう、私も気を付けたいと思っています。

ponpoco
ponpoco

他人のライフスタイルに口出ししない

ミニマリストは病気

現在は少なくなっていると思いますが、以前は「モノが少ない=ミニマリストとして優秀」と勘違いされている風潮がありました。

快適な暮らしを目指していたはずなのに、ミニマリスト同士で持ち物の数を競い合って、本当に必要なモノまで手放し、かえって不便な暮らしになってしまうまさに本末転倒ですね。

その様子を「病的だ、狂気を感じる」と批判されても、仕方ない気がします。

こうなったら要注意!
  • 持ち物の数を競い合う
  • 好きなモノ、必要なモノを捨ててしまう
  • 生活に支障が出るレベルまでモノを減らす

多くのミニマリストが手放しているモノでも、自分にとって必要であれば残しておけばいいし、逆に買い足してもいい。

「ミニマリストなのに、こんなモノ持ってるの?」と言われても、気にしない。変な見栄を張らず、自分らしく快適に暮らすことを優先した方が良いです。

ミニマリズム 手段
ponpoco
ponpoco

モノを減らすこと=目的ではない

ミニマリストは冷たい

これは恐らく、人から貰ったプレゼントや思い出の品を手放したり、人間関係を整理することから生まれた批判でしょうか。

  • プレゼントは受け取った時点で役割を果たしている
  • モノを見ないと思い出せないなら、大事な思い出では無い

・・とミニマリストの間でよく言われていますが、プレゼントや思い出の品は、自分の中でしっかり区切りがつくまで、持っていた方が良いと思います。

また、自分がミニマリストであることをまわりに伝え、プレゼントは消耗品や食料品にして貰っているミニマリストも多いです。

人間関係については、会う度に自分が消耗するような相手の場合、無理して付き合う必要は無いと考えています。

ただ、突然音信不通になるようなお別れの仕方は、自分がされたら悲しいと思うので、なるべく避けたいですね。相手にもよりますが・・。

ponpoco
ponpoco

自分が本当に大事にできる人数には限りがある

ミニマリストは災害に弱い

これは防災グッズを何も準備していないミニマリストの場合、指摘されても文句は言えません。

災害発生直後は救助活動が最優先なので、支援物資が届くまでの3日間は自力で乗り切る必要があります。

その為、防災グッズの準備はミニマリストであっても必ずしておくべきです。

これだけは必ず準備しておこう
  • 非常持ち出し袋
  • 最低3日分の水や食料

水や食料はローリングストックで常に一定数をキープ。アイテムの一部をアウトドアグッズや旅行グッズと兼用すれば、そんなに持ち物は増えません。

なるべくまわりに迷惑を掛けない為にも、普段からきちんと準備した上でミニマルライフを送ることが重要です。

また、防災についてはミニマリストならではのメリットもあります。

ミニマリストの防災メリット
  • 地震で家具が転倒する危険が減る
  • モノが割れて飛散する  〃
  • 火災や水害で、家財を失っても金銭的負担が少ない
  • 少ないモノで工夫して暮らすことに慣れている

モノが少ない暮らしの弱みをカバーしながら、強みを活かしていきましょう

ponpoco
ponpoco

しっかり災害対策をして、ミニマルライフの良さを活かす

ミニマリストはつまらない

「ミニマリストの人生って、娯楽が少なくて退屈そう」という意見。

確かにテレビやゲームなど、分かりやすい娯楽を手放しているミニマリストは多いです。私はゲームが大好きなので、否定意見もよく分かります。

しかし、人生の楽しさや充実度は、持ち物の数では決まらないのではないでしょうか。

これは個人的な意見ですが、どれだけ夢中になれることがあるか、で決まるのかなぁと。

趣味を極めたり、知らない分野を学んだり、体験することを楽しんだり、新しい何かにチャレンジしたり。

ミニマリストであろうがなかろうが、モノが多かろうが少なかろうが、人生を楽しめるかどうかは結局自分次第なのだと思います。

ponpoco
ponpoco

何でも自分の心次第。受け身の人生よりも、能動的に生きたい

まとめ

人それぞれ価値観が異なるので、ミニマリストを否定する意見があるのは仕方ないと思います。

視野が狭くなっている時に、ハッとする意見を頂いて、自分のミニマルライフの在り方を見つめ直すきっかけになったことも。

ただ、ミニマリストもアンチミニマリストも、自分の意見を一方的に押し付けたり、相手を中傷する行為は絶対にNGです。

自分と異なる価値観を完全に理解する必要は無いし、出来なくて当然ですが、お互いを尊重し合う気持ちが大事だと思います。

ponpoco
ponpoco

もっと多様性を認め合える世の中になるといいな

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

タイトルとURLをコピーしました