どんなミニマリストになりたいか考える

ミニマリスト

ミニマリズムと出逢って約3年半。少しずつ自分なりのミニマルライフが出来上がってきました。

そこで改めて、自分の理想の暮らしやミニマリスト像について考えてみることに。

個人的な意見がほとんどなので、こんな考え方もあるのか~と参考程度にご覧下さい。

ミニマリズムは理想の暮らしを実現する手段

私にとって、ミニマリズム理想の暮らしを実現する為の手段であり、モノを減らすことはその過程であると考えています。

モノを減らすこと自体が目的になり、必要以上に減らしてしまうと、かえって不便な暮らしになる恐れも。

ライフスタイルは人それぞれ異なるので、モノの適正量も違って当然

何も無い部屋が心地良いと感じる人もいれば、モノが少しあった方が快適だと感じる人もいます。

まず自分の理想の暮らしをイメージし、モノを減らしていく中で自分の適正量を知ることが大切だと思います。

▼ 私の理想の暮らしと、その実現に向けて行っていること

  • 本当に好きなモノやコトに時間とお金を使いたい

あまり関心の無いモノやコトに時間やお金を掛けず、好きなモノやコトに回す

  • ストレスフリーで快適な暮らし

モノが増えても生活が快適になるのであれば、熟考した上で取り入れる

ponpoco
ponpoco

好きなモノを無理して

手放さなくて良いと思う

重要なのは自分が幸せかどうか

▼ 宜しければこちらもご覧下さい

モノはこだわって選ぶが執着し過ぎない

私はモノへのこだわりが強いと自覚しています。特に自分の好きなモノ(バッグやアクセサリーなど)については、妥協して購入することはまずありません

しかし、そんなにこだわって選んだモノでも、自分のライフスタイルに合わないと感じたり、役目を終えた場合は、潔く手放してきました

生きていれば、それと全く同じモノは手に入らなくても、同じくらい好きなモノにはきっと出逢える、と考えているからです。

価格が高くても、レアで貴重なモノであっても同じこと。

ただ、思い出の品や形見の品だと、少し話は変わってくると思います。それらは、人によってはただのモノではないからです。

私も思い出の品をたくさん手放してきましたが、祖母の形見の指輪だけは手放す気になれません。

ponpoco
ponpoco

ミニマリストは、モノに対して

◆こだわりの強い人

◆全くこだわらない人

に大きく分かれる気がする

自分と他人の好きを尊重する

家族や友人など、まわりの人達に自分の考え方を押し付けないよう、気を付けています。

私はミニマリズムと出逢って、暮らしの満足度が向上したので、その喜びを誰かと共有したいという気持ちはあるのですが、強制するのは違うかなと。

当たり前ですが、一緒に暮らす家族であっても、考え方はそれぞれ異なります

自分の考えがあるのに、一方的に相手の考えを押し付けられたら、あまり良い気分にはならないですよね。

ミニマリズムは、あくまで私と相性が良かっただけであって、他の誰かにとっての正解とは限りません。

  • モノが少ない暮らしが好きな人 / モノに囲まれた暮らしが好きな人
  • 効率的な暮らしが好きな人 / 手間を掛ける暮らしが好きな人

・・理想の暮らしや、人生で大切にしていることなど、価値観は本当に人それぞれ。

私の母はミニマリストを目指していますが、父はマキシマリストです。母が手放そうとしたモノを、リメイクして使い続ける父。

きっと考え方はだいぶ異なるはずなのに、お互いの行動を否定せず、仲良く一緒に暮らしています

私はミニマリスト寄りですが、どちらの考え方も好き。

自分の好きと同じくらい、誰かの好きを大事にしたいと思っています。

ponpoco
ponpoco

完全には理解し合えなくても、

お互いを尊重し協力し合いながら

共に暮らしていく方法はきっとある

自分なりのミニマルライフを追求する

同じミニマリストであっても、ミニマリズムに対する考え方やライフスタイルは千差万別です。

○○を持っていたらミニマリストじゃないとか、○○してこそミニマリストなどと、勝手に決めつけるのはナンセンス

ミニマリストならば、そういった固定観念(凝り固まった考え方)もなるべくミニマル化したいな、と考えています。

それぞれが自分に適したミニマルライフを探せば良いだけの話で、誰かと比較してもあまり意味が無い。

頭ごなしに批判したりせず、ミニマリスト同士でも考え方は異なるのだ、と素直に受け入れることが大切だと思います。

逆に、特定のミニマリストの考え方に影響され過ぎても自分を見失ってしまう結果となるので、良い部分は取り入れつつ、自分なりのミニマルライフを追求するのがベストです。

ponpoco
ponpoco

ミニマリストに資格なんて無い

自由に自分なりのミニマルライフを

楽しめば良いと思います♪

ネガティブな感情をミニマル化

怒りや悲しみといった強い感情は、時には人を奮い立たせる大きな原動力になる場合もあるので、ネガティブな感情は手放そう!と一概には否定出来ません。

しかし、何事も程々が肝心であり、強すぎるネガティブな感情は、なるべく手放したいと考えています。

私が手放したいネガティブな感情

  • 恨み / 相手の仕打ちを憎く思ったり、不平・不満を感じたりすること
  • 妬み / 他人の優れた部分を羨み、憎く思うこと
  • 虚栄心 / 自分を実質以上に見せようと、見栄を張りたがる心のこと

相手の心無い仕打ちに対して怒りや悲しみを感じたり、相手の優れた才能や恵まれた環境を羨ましく思う気持ちは、誰にでもあること

ただ、それが恨みや妬み変化してしまうと怖いな、と思います。頭の中が他人のコトでいっぱいになり、自分が自分では無い状態。

虚栄心も、他人の反応を自分の行動基準にしているので同様です。

自分の人生の主役は自分しかいないのですから、他人へのネガティブな感情にずっと囚われていては、貴重な時間が勿体ない。

こうした強すぎる感情で、本当に苦しむのは相手ではなく自分なのです。

この世で平等なのは時間だけ。ミニマリストならば、有意義なコトに使っていきましょう~!(^^)/

ponpoco
ponpoco

今すぐ消し去るのは無理でも、

ミニマル化なら出来るかも

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

ミニマリストになりたい

素敵な大人のシンプルライフ

タイトルとURLをコピーしました