【30代女性】ゆるミニマリストの服選び

FASHION
PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、クローゼットに着ない服を作らないを目標にしています。

まだまだ失敗もありますが、ミニマルクローゼットを実現する為の、私なりの服の選び方をご紹介します。

あくまで私の場合なので、こんな選び方もあるんだ~と気楽にご覧頂ければ幸いです^^

少ない枚数を着尽くすつもりで選ぶ

たくさん服を所有していると、どうしても着ない服が出てしまうので、少数の服を着回したいと考えています。

私は下記の理由から、普段着はプチプラをよく選んでいますが、上質な服を少数揃えても素敵だと思います。

私の服に対する考え方

  • バッグやアクセサリーと比べて消耗が早い あまりお金をかけなくて良い
  • 自分の好みや体型、ライフスタイルが変化する可能性がある 少ない枚数で良い
  • 流行のデザインや素材がある 旬を楽しみたい

シーズン毎に手頃な価格の服を数枚購入し、そのシーズン内で着尽くすというスタイルが、今の自分にはベストのようです。

シーズン終了後にダメージをチェックし、来年着られそうにない場合は、ウエスにしたり、ショップのリサイクルBOXや、行政の資源回収に出して処分します。

少ない枚数で着回していると、必然的に一枚一枚の着用回数が増え、ダメージが大きくなるので、来年に持ち越せる服はそんなに多くありません。※特に洗濯回数の多いトップスや夏物の場合

その為、クローゼットには常に余裕がある状態で、服を選ぶのも管理するのもラクになりました。

これから年を重ねたら、上質な服を少数揃えて長く愛用するスタイルに変わるかも知れませんが、

ponpoco
ponpoco

服を大切にする=服をたくさん着る

という考え方は、この先もずっと変わらない気がします。

メンテナンスが楽な服を選ぶ

素敵だな、と思ってもメンテナンスが大変そうな服は、なるべく選ばないようにしています。

ズボラなので、そういった服はいずれ着なくなる可能性が高いからです。

  • 自宅で洗える服(出来れば洗濯機OKな服)
  • シワになりにくい素材の服(ノーアイロンが理想)
  • 埃の付着しにくい服
  • 毛玉の出来にくい服

・・などを意識して選び、服のメンテナンスにかかる労力と時間を最小化したいと考えています。

着心地の良い服を選ぶ

着心地はとても重要で、着ていて不快になる服はどんなに他の部分が優れていても、だんだん手に取る回数が減っていきます。

  • チクチクするニット
  • ゴワゴワするカットソー
  • 下着がチラ見えしてしまう
  • 繊維が他のモノに付着する

などなど・・。小さなストレスでも、少ない枚数を着回すミニマルクローゼットには大敵です。

私の場合、襟ぐりが広いトップスを着ると、いつも左右どちらかの肩に片寄ってしまい、だらしなく見えて落ち着かないので避けています。

似合わない服に手を出さない

当たり前の事なのですが、これが意外と難しい・・。

好きと似合うが一致しない場合や、昔は似合っていた服が年齢を重ねて似合わなくなる事があるからです。

ponpoco
ponpoco

昨年似合っていた服が、今年は似合わない問題

私はボーダー柄があまり似合いません。

分かっていても諦めきれず、「カラーを変えたら似合うかも!」「細いボーダーなら似合うかも!」と毎年チャレンジしては撃沈し、家族からよく呆れられていました(^^;)

好きなのに、自分にはあまり似合わないという悲しい現実・・。

ミニマリストになり、ようやく「他にもっと似合う服があるのに、わざわざ何回も挑戦しなくていい」と諦めがつきました。

予算も収納スペースも限られているので、あまり似合わない服の為に使いたくないですよね。

実店舗では必ず試着する

基本中の基本ですが、結局これが一番大事だなぁと思います。

服は、人が袖を通して初めて完成されると思うからです。見ている分には素敵でも、実際に着てみると、サイズや形、素材がしっくりこない事はよくある話です。

私は実店舗で購入する場合、どんな服でも必ず試着する事で、失敗を大幅に防げていると実感しています。試着室の鏡の前で、少しでも違和感があったら、潔く諦めて次を探します

ネットで服を購入する際は、サイズ表と自分の手持ちの服のサイズをよく見比べた上で、なるべく返品可能なショップで購入しています。

返品は心苦しく感じる方もいらっしゃると思いますが、失敗したなぁと後悔する服がいつまでも手元に残っているよりは、きっと良いと思います。

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

シンプル・ミニマルライフのファッション

少ない服で着回す

タイトルとURLをコピーしました