ゆるミニマリストのバッグ選び

ミニマリスト

服の選び方に続き、今回は私なりのバッグの選び方をご紹介します。

いくつもバッグを購入し、たくさん失敗してきた苦い経験を活かして、自分がバッグに何を求めているのか、基準が明確になりました。

前回より、更にミニマリスト的な視点<個人のこだわりが強い内容となっております(^^;)

ベーシックカラーで装飾が少ない

私のワードローブには、いわゆる地味な色(ブラック・グレー・ネイビー・ホワイト・ベージュ・ブラウンなど)が多いです。

バッグも同様で、華やかなカラーは1個しかありません。やはりベーシックカラーのバッグは、どんな服にも馴染んで使いやすいです。

▼ 唯一のカラーバッグはこちら

差し色バッグが無くても、黒い服が多い方は白いバッグ、白い服が多い方は黒いバッグを持つだけで、充分アクセントになります

もし1個だけバッグを持つのであれば、様々なシーンで活躍するブラックか、合わせやすいグレー系orベージュ系のニュアンスカラーがオススメです。

ponpoco
ponpoco

ベーシックカラーは飽きにくい=長く愛用出来る

また、リボンやフリルなど、デコラティブなバッグは卓越したセンスが無いと上手に使いこなせない気がします。私が持つと、どうも垢抜けない雰囲気になってしまうのです・・。

私はシンプルなデザインに美しさを感じるタイプなので、装飾の少ないバッグを選ぶようにしています。

両手がフリーになる

過去にバッグを手放した理由を振り返ると、私は両手がフリーになるタイプ以外は、不便さを感じて使わなくなってしまう事が分かりました。

▼ 高級ブランドのバッグを手放したことも(^^;)

歴代の愛用バッグは、圧倒的にショルダーバッグが多いです。たまにリュックサックも(^^)

手で持ったり、腕に掛けると、汗や日焼け止めが原因でバッグが変色してしまう恐れがあるので、肌に直接触れない点も大きなメリットです。

重さ・大きさが気にならない

私は本革のバッグが好きなのですが、合皮やナイロンと比べると、どうしても重たくなってしまいます。

その為、必然的にコンパクトなサイズのバッグが多くなりました。携帯・財布・ハンカチ・リップクリームが入れば充分です。

以前は「用途別にサイズ違いで持った方が合理的かな?」と考えたこともありましたが、大きいバッグを購入しても、私の場合きっと日常的に使用することは無いだろうと思い留まりました。

自分と相性の良いバッグは決まっているので、無理に冒険せず、同じようなサイズばかり揃えています。書類を持ち歩く日や荷物が多い場合は、薄手のサブバッグを併用して間に合わせます。

ponpoco
ponpoco

大きいバッグは迫力に負ける、重たいバッグは肩が凝る

コスパが優秀で満足感がある

私はバッグ・アクセサリー・アウターに関しては、服(普段着)より比較的消耗が少ない為、購入時の価格÷使用回数で、コスパの良さ&適正価格かどうかを判断しています。

また、(使用1回あたりの)価格が同じ場合は、より満足感を得られる選択をしたいと考えています。

  • とても気に入った3万円のバッグ

3年間(週3回) 大切に愛用した場合=1回あたり約64円

  • 妥協して購入した5000円のバッグ

半年間( 〃 )で飽きてしまった場合=1回あたり約64円

・・であれば、私は迷わず前者を選びます。お気に入りのバッグを持つことで得られる、ポジティブな感情は、後者では決して味わえないからです。

ponpoco
ponpoco

お気に入りのバッグで、毎日楽しく過ごしたい♪

もし手頃な価格で、とても気に入ったバッグがあった場合、数シーズンで使い尽くして買い替え、というスタイルも楽しそうで良いと思います。

美しく使い勝手が良い

見た目は美しいけれど実用的ではないバッグ、実用的で使い勝手は良いけれど見た目が好みではないバッグ・・。

美しさと実用性どちらが欠けても個人的には物足りず、両方を兼ね揃えているバッグが理想です。

私はデザインがシンプルで美しいモノは、使い勝手も優れている場合が多いと考えており、意外と当たっていることが多いです。

バッグにあまり関心が無い場合は、実用性を重視して揃えるのがベストだと思います。

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

シンプル・ミニマルライフのファッション

ミニマリストの持ち物

タイトルとURLをコピーしました