コロナ禍の花粉症/なるべく手元にあるモノで済ます対策グッズ&正しいマスクの選び方

コロナ 花粉症美容と健康

本格的な花粉シーズンが始まり、毎日ツライですね・・(>_<)

今年はコロナも花粉症もあるのか・・と少し気分が落ち込みましたが、コロナ対策と花粉症対策は共通している部分もあり、一石二鳥かも?と前向きに捉えています。

今回は、私が花粉症対策として行っていることや、愛用している花粉症対策グッズ、意外と知らない正しいマスクの選び方について記事にしました。

花粉症対策として行っていること

出典: DECENCIA

まず、花粉症歴15年以上の私が毎年行っている花粉症対策をご紹介します。

外出時
  • マスク&メガネは必ず着ける
  • 鼻の入り口に白色ワセリンを塗る(花粉を体内に侵入させない)
  • 髪を結ぶ、帽子を被る(髪への花粉の付着を防ぐ)
  • アウターは表面がサラッとした素材(花粉を落としやすい)
  • 花粉が飛びやすい日はなるべく外出しない
家の中
  • 換気口を花粉フィルターに替える(花粉を室内に侵入させない)
  • 洗濯物は室内に干す(サーキュレーター除湿機布団乾燥機が大活躍!)
  • 毎日床を掃除する(ブラーバが大活躍!)
生活習慣
  • 規則正しい生活&睡眠不足に気を付ける
  • 免疫機能を高める食品を積極的に摂る(ヨーグルトなど)
  • アルコールを控える

とにかく出来るだけ花粉を体内や室内に侵入させないこと、体の免疫機能を高めることが重要で、これはウイルス対策でも同じことが言えます。

ponpoco
ponpoco

コロナ対策にも花粉症対策にもなると思えば、頑張れそう!

愛用している花粉症対策グッズ

出典: DECENCIA

むやみに花粉症対策グッズを増やさない為に、なるべく普段の生活で使っているモノを兼用しています。

伊達メガネ

本来であれば、目元を覆うフード(カバー)の付いた花粉対策用メガネがベストだと思いますが、デザインがあまり似合わない&花粉症の時期しか使わない為、私は普段使いの伊達メガネを使用しています。

普通のメガネでも、裸眼の状態に比べれば、目に入る花粉を60〜70%程度カットすることが可能だそう。

更にレンズクリーナーを使うと、帯電防止効果で花粉や埃が付着しにくくなるのでオススメです♪

花粉症対策でメガネを選ぶ基準

  • レンズ部分が大きめ(レンズ部分が小さいと十分な効果を得られない)
  • 顔との隙間が小さい(フード付きであれば花粉を約94%カット)

コロナ禍の花粉症で怖いのは、清潔ではない手で目を掻いてしまうこと。メガネを掛けていれば安心ですね(^^)

ponpoco
ponpoco

すっぴん隠しとして、普段からよく伊達メガネを掛けています

人工涙液型目薬

花粉シーズンは、目玉を取り出して丸洗いしたくなる程、目が痒くてツライ・・。

ドライアイ対策として普段から愛用している目薬を、目に入った花粉を洗い流す為にも使用しています。

出典:参天製薬

アレルギー用の目薬でも良いのですが、目の充血を抑える働きのある塩酸テトラヒドロゾリン塩酸ナファゾリンを含有するモノは、繰り返し使用すると、かえって充血が悪化してしまう場合があるので要注意。

市販の目薬であれば、涙に近い成分で作られている&防腐剤不使用の人工涙液型目薬が体に害が無くてオススメです。

ponpoco
ponpoco

人工涙液型目薬は、ドライアイコンタクトレンズ装着時にも使えます

花粉バリア日焼け止め【花王バリアミー】

愛用中の日焼け止めが残り僅かになったので、試しに購入してみました。

撥水加工したUV散乱剤のパウダーが、肌のキメより細かい超微細な凹凸構造を肌の表面に形成することで、紫外線だけでなく、花粉PM2.5などの微粒子汚れが肌に付着することを防げるそうです。

毎日使う日焼け止めが花粉対策になるなんて嬉しい♪

出典:花王

  • ほのかに石けんのような香り
  • 肌が乾燥しにくい
  • テカリは気にならない程度
  • 洗顔料で落とせる(個人的に顔はクレンジングしようかなと感じました)
  • △塗った直後は白っぽくなる
  • 少しベタつく(フェイスパウダーの使用がオススメ)

肝心の花粉バリア機能については、あまりよく分からず・・。気付かないだけで、守ってくれているのかな?

日焼け止めを落とす時は、洗顔による摩擦で肌のバリア機能を低下させないように、たっぷりの泡で優しく洗うと◎です。

ponpoco
ponpoco

花粉による肌荒れを防ぐには、スキンケアの3原則こすらない・触らない・うるおいを与える

マスク&ノーズパッド

ウイルス対策として普段から愛用している不織布マスク。フィット感が良く、いつもより小顔に見える(気がする)ので、かなりお気に入りです(*^^*)

  • ウイルス飛沫&花粉を99%カットする高性能フィルター
  • 幅広ゴムで耳が痛くなりにくい
  • 一枚ずつ個別包装で衛生的

最近は実店舗でなかなか見掛けなくなってきました。今後はネットで買おうかな。

▼ 先日注文した血色マスクも楽しみ♪

マスクと鼻の隙間を埋めるノーズパッドも、必須アイテムの一つ。マスクにくっつけると、メガネがくもりにくい&花粉の侵入が軽減される気がします。

繰り返し使えるのも嬉しいポイント。ただ、コロナ禍で同じモノを何度も使うのは、衛生面を考えると少し抵抗が・・。

メガネにくもり止めクロスを使った方が良いかな~?と検討中です。

ponpoco
ponpoco

自分の顔にフィットするマスクを探すことが大事

正しいマスクの選び方

出典: DECENCIA

花粉はウイルスと比べて粒子が大きいので、高性能マスクでなくても侵入は防げるのですが、コロナ禍の現在は、フィルターの目が細かいウイルスカットマスクを使用した方が安全だと思います。

▼ ウイルスカットマスクかどうかは、パッケージのこの表示で確認出来ます。

これらは、花粉やウイルスなどを一体どのくらい防げるのかマスクの性能を表した指標です。

BFEバクテリアろ過効率約3.0㎛の粒子をどのくらい防げるか
VFEウイルスろ過効率約0.1㎛~5.0㎛(平均2.8um)の粒子を 〃 
PFE微粒子ろ過効率約0.1㎛の粒子を 〃 
出典:サンドラッグ

例えば、パッケージの表示が【PFE99%】なら【約0.1㎛より大きな粒子を99%カットする】ということ。

花粉症対策にはBFEだけで十分ですが、新型コロナやインフルエンザの予防、黄砂やPM2.5には、PFEVFEの数値が高いマスクが望ましいとされています。

マスクを選ぶ基準

  • 顔の大きさに合ったサイズか?(隙間があると十分な効果を得られない)
出典:サンドラッグ
  • フィルターの性能は目的に合っているか?(花粉用マスクではウイルスを防げない)
出典:サンドラッグ
  • フィット感に優れたプリーツタイプがオススメ(鼻から顎までしっかり覆える)

※サイズが合っていれば、立体タイプなどでも勿論OKです(^^)

【結論】マスクは価格よりも、性能&フィット感で選ぼう!

また、マスクを外す際は、フィルター部分に触らないゴム部分を持って外す外した後は必ず手を洗うことを忘れずに。

ponpoco
ponpoco

マスクを正しく使って、コロナも花粉も防ごう!

▼ 素敵なブログがいっぱい【ブログ村テーマ】

シンプル・ミニマルライフの美容と健康

花粉症対策

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

少ないモノで暮らす

持たない暮らし

タイトルとURLをコピーしました